心なし日記

税理士になった時を考えて、伝える力をつけるべく文章を書いてます。

とりあえず更新しとかねば忘れられてしまうので、苦し紛れに書いたリフォーム減税

今年所得税法を受ける税理士試験受験生なので、試験に出るかどうかわからんが、確定申告の際には使うかも知れないので、リフォームでの減税について調べてみました。

 

ここのサイトを参照しました。

ちなみに国税庁のサイトには今年新たに増えた「長期優良住宅化リフォーム」のことが載っていなかった。なんでだろ?

…いろいろありすぎてよくわからん。

とりあえず、合計所得金額が3000万円以下の人が、床面積50㎡の家にそのリフォームした後に住んでないといけない、税額控除受けるためには、確定申告書に色々書いて、それに明細書、増改築等工事証明書、請負契約書等、登記事項証明書等を添付することは共通していることはわかった。

「減税できる」ことをアピールしている業者さんなら、確定申告書に添付せねばならん書類は用意してくれるんだろうけども、そうじゃない場合はその書類を集めるためにかなりの労力がかかる上に、減税額がローン組んだ場合は一年で最高12万5千円(最高5年間の適用あり)、自己資金の場合は25万円(一年限り)というのは、割に合うのかと言われたらどうなんだろう?

現実にこれを受ける人っているのかしら?

今年の確定申告の時にはいなかったけども、来年は大量に押しかけてくるかもしれないから、頭の片隅には入れとかねば。

 

寝ます。

f:id:sutekina0729:20170621003158j:image